株式会社FHTホールディングスが上海蓉勤健康管 理有限公司の株式の一部を取得し、子会社化(孫会社化)

株式取得の目的

FHTホールディングスの子会社である吉奥莱科特医疗健康科技は、中国の高齢化社会に対し、高齢者向けに特化したヘルスケア事業を推進している。今後のヘルスケア事業の推進・拡大を図るため、2019 年 3 月 27 日付で、上海蓉勤健康管理のヘルスケア事業におけるノウハウが必要と考え、上海蓉勤健康管理の株式の一部を取得。

上海蓉勤健康管理は、中国において養老介護に特化したヘルスケア事業を展開。上海蓉勤健康管理の完全子会社である栖霞市东明置业有限公司(本社:中国山東省栖霞市、董事長:杨晓勤)は、中国政府における関係機関からの認可を得て、中国山東省栖霞市において養老介護に特化した富裕層向け施設の開発プロジェクト「栖霞長春湖壹号」を推進している。

関連記事

  1. フリービット(3843)トーンモバイルの会社分割による事業の承継を発表

  2. アイロムグループ(2372)、IBERICAを子会社化

  3. アサヒグループホールディングス(2502)、ビール世界最大手ABInBev社傘下の豪州CUBを買収へ

  4. ソフィアホールディングス(6942)、調剤薬局の盛徳商事有限会社を子会社化へ

  5. トランスコスモス(9715)プレイドと業務提携

  6. デファクトスタンダード(3545)、waja運営を譲受