シャープ(6753)、台湾の震旦電信股份有限公司(Aurora Telecom社) を子会社化

シャープ(6753)は、台湾の震旦電信股份有限公司(Aurora Telecom社 台北市)の株式を追加取得し、子会社化することを決めた。現在33%の持ち株比率を40.09%に引き上げる。 筆頭株主となり、Aurora Telecom取締役の過半数を指名する権利を得る。取得価額は3億3000万円。                        Aurora Telecomは台湾全土に119店舗の携帯電話販売店舗を展開している。シャープは現地子会社の台湾夏普股份有限公司(Sharp (Taiwan) Electronics Corporation 新北市)を通じて、すでにAurora Telecomに33%を出資しているが、さらに台湾市場での販売拡大につなげる。

子会社等における孫会社の異動に関するお知らせ

関連記事

  1. イオンモール(8905)、「横浜インポートマートの子会社化を発表

  2. 四電工(1939)、関西設備の買収を発表

  3. キリン堂ホールディングス<3194>、調剤薬局1店舗(滋賀県)を取得

  4. 昭文社(9475)、SUNNY SIDE UP GUAM INC.を子会社化

  5. ベルーナ(9997)、輸入商品販売事業のアイシーネットの買収を発表

  6. ソニー・ミュージックエンタテインメント(7930)、「Satisfood」運営のSuper Duperと資本業務提携へ