シャープ(6753)、台湾の震旦電信股份有限公司(Aurora Telecom社) を子会社化

シャープ(6753)は、台湾の震旦電信股份有限公司(Aurora Telecom社 台北市)の株式を追加取得し、子会社化することを決めた。現在33%の持ち株比率を40.09%に引き上げる。 筆頭株主となり、Aurora Telecom取締役の過半数を指名する権利を得る。取得価額は3億3000万円。                        Aurora Telecomは台湾全土に119店舗の携帯電話販売店舗を展開している。シャープは現地子会社の台湾夏普股份有限公司(Sharp (Taiwan) Electronics Corporation 新北市)を通じて、すでにAurora Telecomに33%を出資しているが、さらに台湾市場での販売拡大につなげる。

子会社等における孫会社の異動に関するお知らせ

関連記事

  1. バンダイナムコエンターテインメント(7832) 、山陰スポーツネットワークの子会社化を発表

  2. 楽天(4755)、片づけコンサルタント近藤麻理恵さん関連コンテンツ事業の米KonMari Mediaとパートナーシップを締結

  3. ワールドホールディングス(2429)、債権管理回収業の一富士債権回収を子会社化へ

  4. 電通(4324)、英国広告制作会社リ・プロダクションを買収

  5. 本田技術研究所(7267)、ドライバー向けスマホアプリ開発の米Drivemode社を買収へ

  6. リケンテクノス(4220)、コニカミノルタより、自動車窓ガラス用遮熱フィルム「ICE-μ」を事業譲受へ