四電工(1939)、関西設備の買収を発表

四電工(1939)は、関西設備の全株式を取得し、子会社化した。 四重工は100 億円規模の成長投資枠を設定し、総合設備企業としての基盤強化を進めている。 多数の空調設備工事、給排水・衛生設備工事実績を持つ関西設備とは従来から施工協力を行うなど、密接な関係にあり四国における総合設備企業としての基盤を さらに充実・強化していく考え。

株式会社関西設備の株式取得(子会社化)に関するお知らせ

関連記事

  1. “マツキヨホールディングス(3088)とココカラ、統合協議開始で覚書を発表 “

  2. Kyashが凸版印刷、三菱UFJニコスとの業務提携契約の締結を発表

  3. 電通(4324)EコマースエージェンシーShanghai EBP Internet Technologyを買収

  4. エル・ティー・エス(6560)、ITソリューション提供のワクトの買収を発表

  5. ケアサービス(2425)、介護事業の「ひだまり」を子会社化へ

  6. 全国180店舗が参画 不動産賃貸仲介大手ハウスコムとパートナーシップ契約を締結