トーホー(8142)、シンガポールの業務用水産品卸会社GOSを子会社化へ

トーホー(8142)は、 Golden Ocean Seafood (S) Pte Ltd(業務用水産品卸売事業)の全株式を取得し、子会社化することを発表した。 トーホーは、シンガポールにおいて、5社体制で現地の外食産業向けに日本食材の業務用食品卸売及び業務用青果卸売を展開している。 Golden Ocean Seafood (S)Pte Ltdは、シンガポールのホテル・レストラン等へ、主に活き水産品を販売する業務用水産品卸売会社であり、グループ化することにより、販路の拡大を狙う。 なお、トーホーグループは、「海外事業力強化」を戦略の軸の一つに掲げており、海外市場については4期連続でM&A・アライアンスを実施しており、現在はシンガポール5社、マレー シア1社、香港1社体制で事業を展開している。

シンガポール業務用水産品卸売会社 Golden Ocean Seafood (S) Pte Ltd の株式取得(子会社化)に関するお知らせ

関連記事

  1. ソネット・メディア・ネットワークス(6185)、デジタルコンテンツ制作・開発のASAを買収

  2. トヨタ自動車(7203)とスズキ(7269)が資本提携を発表

  3. Zホールディングス(4689)、LINE(3938)が経営統合を発表

  4. レンゴー(3941)、クラフト紙袋など製造・販売の樽谷包装産業を買収へ

  5. トランスコスモス(9715)プレイドと業務提携

  6. リズム時計工業(7769)、アイ・ネクストジーイーを子会社化