電通(4324)EコマースエージェンシーShanghai EBP Internet Technologyを買収

電通(4324)は、中国のEコマースエージェンシー「Shanghai EBP Internet Technology Co. Ltd.」(以下「EBP」)の株式100%を取得することを発表した。

EBP(2012年設立)は、中国において、ECのコンサルティング、市場開拓戦略の策定、統合マーケティングコミュニケーションから、オンラインストアの運営、顧客体験の最適化、ブランドのデータ活用等に至るソリューションを、幅広い顧客に対して提供している。

電通は、グループのグローバルネットワーク・ブランドの1つで、デジタルパフォーマンス領域に強みを持つ「iProspect」の中国における事業基盤の拡大とECマーケティングに関するサービス機能の強化し、EBP 社のブランド呼称を「EBP, an iProspect Company」(EBP・アン・アイプ
ロスペクト・カンパニー)へと改称し、より競争力の高いEコマース統合マーケティングサービスを提供していく。

電通、中国「EBP 社」買収により EC ソリューション領域を強化

関連記事

  1. 全国180店舗が参画 不動産賃貸仲介大手ハウスコムとパートナーシップ契約を締結

  2. Zホールディングス(4689)、LINE(3938)が経営統合を発表

  3. グッドスピード(7676)、自動車整備事業のホクトーモータースの買収を発表

  4. ベルーナ(9997)、輸入商品販売事業のアイシーネットの買収を発表

  5. 住友化学(4005)、農薬大手の豪ニューファームの南米グループ会社4社を約700億円で買収へ

  6. TOKAIホールディングス(3167)、建設業の日産工業を子会社化へ