キヤノン(7751)、Quality Electrodynamics 社の持分取得(連結子会社化)を発表

キヤノン(7751)は、米国のクオリティー・エレクトロダイナミクス(QED)の持分70%を取得し、連結子会社化したことを発表。

QEDは、磁気共鳴画像装置(MRI)の基幹部品である高周波(RF)コイル開発におけるリーディングカンパニーであり、キヤノンは、医療用機器におけるコンポーネント分野を強化する一方、キヤノンとQED双方の経営リソースや技術力を組み合わせることにより、市場競争力のあるシステムとしてのMRIの開発を加速させ、メディカル事業の強化・拡大を図っていきたいと考えている。

Quality Electrodynamics 社の持分取得(連結子会社化)に関するお知らせ

関連記事

  1. 繊維専門商社のヤギ(7460)、Dream boxを買収

  2. メディアドゥホールディングス(3678)、徳島データサービスをテック情報に譲渡

  3. アイカ工業(4206)、ウィルソナートが保有するアジア子会社4社を子会社化

  4. 島根銀行(7150)が大幅続伸、SBIとの資本業務提携を発表

  5. ドリコム(3793)、イグニス子会社のスタジオキングが手掛けたスマホゲーム「ぼくとドラゴン」等2タイトルを取得へ

  6. 三菱重工業(7011)、プライメタルズテクノロジーズが高周波誘導加熱システムの米ABP Induction Systemsを買収