プラップジャパン(2449)、シンガポールの広告代理店を子会社化へ

プラップジャパン(2449)はシンガポールで広告代理事業を手がけるポインツシンガポールの株式51%を取得し、子会社化することを決議したと発表した。 プラップジャパンは創業50年を迎え、次の50年に向けた「PRAP Next50」のスローガンのもと、「コ ア事業拡大」「新規事業拡大」「人財強化」「経営力強化」の4つを成長のための重点項目にしている。 昨年設立した海外子会社PRAP SINGAPORE PTE. LTD.ではすでに東南アジア市場の開拓を進めている。ポインツシンガポールを子会社化することによりプロモーションノウハウとのシナジー効果を大いに見込むことができると期待。関連会社で、訪日外国人向け需要を期待する日本企業に対して営業ネットワークを持つ株式会社ポインツジャパンとも連携することで、海外事業の基盤拡大を推進させたい考え。

株式取得(子会社化)に向けた基本合意書締結のお知らせ

関連記事

  1. ティーライフ(3172)、日本ヘルスケアアドバイザーズから一般漢方製剤の通販事業を譲受

  2. シモジマ(7482)、包装資材メーカー、朝日樹脂工業の子会社化を発表

  3. フリービット(3843)トーンモバイルの会社分割による事業の承継を発表

  4. 島根銀行(7150)が大幅続伸、SBIとの資本業務提携を発表

  5. 住友化学(4005)、農薬大手の豪ニューファームの南米グループ会社4社を約700億円で買収へ

  6. フェイスネットワーク(3489)、建築設計事業のザ・スタイルワークスを完全子会社化へ