日本製紙(3863)、オローラの板紙パッケージ部門譲受けを発表

日本製紙(3863)は、豪州証券取引所上場企業であるオローラ社との間で、板紙パッケージ部門を譲受ける事を発表した。 オローラ社は、独自の古紙回収システムから、最新鋭の段ボール原紙製造設備、高度に自動化された段ボール工場、パッケージング関連資材・サービスの提供に至るまで一貫して展開するビジネスモデルにより、豪州・ニュージーランド事業において高い市場シェアを確立している。 板紙パッケージ部門の譲受けにより、日本製紙はオセアニア地域において、一貫体制の段ボール事業に進出することとなり、日本製紙の連結子会社であるオーストラリアン・ペーパー(本社:豪州メルボルン市)とのシナジーを発揮し、日本製紙グループのパッケージ事業のさらなる展開を推し進めて行く考え。 

オローラ社 豪州・ニュージーランド事業の板紙パッケージ部門譲受けに関するお知らせ

関連記事

  1. 日本PCサービス(6025)、スマホステーションのスマホ修理事業を取得へ

  2. 楽天(4755)、片づけコンサルタント近藤麻理恵さん関連コンテンツ事業の米KonMari Mediaとパートナーシップを締結

  3. アステラス製薬(4503)、遺伝子治療分野強化へ米バイオ企業オーデンテスを約3200億円で子会社化へ

  4. プレミアグループ(7199)、中央債権回収を子会社化

  5. GMOインターネット(9449)、フリーWi-Fi自動接続アプリ提供・タウンWiFiの株式取得、連結子会社化へ

  6. TOKAIホールディングス(3167)、建設業の日産工業を子会社化へ