日本製紙(3863)、オローラの板紙パッケージ部門譲受けを発表

日本製紙(3863)は、豪州証券取引所上場企業であるオローラ社との間で、板紙パッケージ部門を譲受ける事を発表した。 オローラ社は、独自の古紙回収システムから、最新鋭の段ボール原紙製造設備、高度に自動化された段ボール工場、パッケージング関連資材・サービスの提供に至るまで一貫して展開するビジネスモデルにより、豪州・ニュージーランド事業において高い市場シェアを確立している。 板紙パッケージ部門の譲受けにより、日本製紙はオセアニア地域において、一貫体制の段ボール事業に進出することとなり、日本製紙の連結子会社であるオーストラリアン・ペーパー(本社:豪州メルボルン市)とのシナジーを発揮し、日本製紙グループのパッケージ事業のさらなる展開を推し進めて行く考え。 

オローラ社 豪州・ニュージーランド事業の板紙パッケージ部門譲受けに関するお知らせ

関連記事

  1. 第一交通産業(9035)、はとタクシーを子会社化へ

  2. Kyashが凸版印刷、三菱UFJニコスとの業務提携契約の締結を発表

  3. 日本PCサービス(6025)、スマホステーションのスマホ修理事業を取得へ

  4. 富士フイルム(4901)、事務機器大手の富士ゼロックスを完全子会社化へ

  5. ケアサービス(2425)、介護事業の「ひだまり」を子会社化へ

  6. シモジマ(7482)、包装・梱包・物流資材等の卸のミタチパッケージを子会社化へ