Zホールディングス(4689)、LINE(3938)が経営統合を発表

ヤフーなどインターネット大手を率いるZホールディングス(4689)が、LINE株式会社と経営統合をすることを決めたと発表した。

今回の経営統合により、子会社のヤフー株式会社の顧客基盤 (平均月間利用者数6,743万人、アプリ合算 MAU1.4億人)を主とした Zホールディングスの顧客基盤と、 LINE の顧客基盤(国内月間アクティブユーザー数8,200万人、海外月間アクティブユーザー数1.04億人)とで強固となり、相互を活用をすることで、互いのサービスをシームレスに連携させ、相互送客によるユーザー基盤の最大化を図る。

さらに、経営統合を通じ経営資源を集約し、それぞれの事業領域の強化や新規事業領域への成長に期待し、日本のユーザーに対し便利な体験を提供、日本社会や産業のアップデート、さらには世界に展開していくことで、日本・アジアから世界をリードする AI テックカンパニーとなることを目指したい考え

経営統合に関する基本合意書の締結について

関連記事

  1. 電通(4324)、英国広告制作会社リ・プロダクションを買収

  2. ベネフィットジャパン(3934)、モバイル・プランニングの子会社化を発表

  3. ティーガイア(3738)、ソフト開発のポピュラーソフトを子会社化

  4. ヤギ(7460)、老舗タオル製造販売企業、ツバメタオルを子会社化へ

  5. レンゴー(3941)、クラフト紙袋など製造・販売の樽谷包装産業を買収へ

  6. エムスリー(2413)、メディカルエージェンシーを子会社化