Zホールディングス(4689)、LINE(3938)が経営統合を発表

ヤフーなどインターネット大手を率いるZホールディングス(4689)が、LINE株式会社と経営統合をすることを決めたと発表した。

今回の経営統合により、子会社のヤフー株式会社の顧客基盤 (平均月間利用者数6,743万人、アプリ合算 MAU1.4億人)を主とした Zホールディングスの顧客基盤と、 LINE の顧客基盤(国内月間アクティブユーザー数8,200万人、海外月間アクティブユーザー数1.04億人)とで強固となり、相互を活用をすることで、互いのサービスをシームレスに連携させ、相互送客によるユーザー基盤の最大化を図る。

さらに、経営統合を通じ経営資源を集約し、それぞれの事業領域の強化や新規事業領域への成長に期待し、日本のユーザーに対し便利な体験を提供、日本社会や産業のアップデート、さらには世界に展開していくことで、日本・アジアから世界をリードする AI テックカンパニーとなることを目指したい考え

経営統合に関する基本合意書の締結について

関連記事

  1. 島根銀行(7150)が大幅続伸、SBIとの資本業務提携を発表

  2. 藤井産業(9906)、日本切削工業を完全子会社化

  3. ネオジャパン(3921)、情報通信企業 Pro-SPIREを子会社化へ

  4. 高島(8007)、トイレブース製作・施工のレストを子会社化へ

  5. トラスト・テック(2154)、ITエンジニア派遣のアクシス・クリエイト等3社を子会社化へ

  6. トランスコスモス(9715)プレイドと業務提携