協和エクシオ(1951)、北第百通信電気株式会社を子会社化

協和エクシオ(1951)は、北第百通信電気の発行済株式を取得する契約を締結した。 現在、協和エクシオの北海道エリアにおいては、次世代通信インフラの整備を積極的に進めるため、通信インフラ事業分野の拡大、営業力の強化を進めており、保有する既存技術に加え、ソリューションビジネスの強化を図ることで、幅広いエンジニアリング領域で優位性を高めていく考え。

北第百通信は技術力と高い品質により、北海道内で幅広い顧客基盤を有しており、今回の株式取得に伴い、新たな顧客への提案機会の創出を目指す。 併せて、北第百通信が設立以来手掛ける沖電気工業の通信特約店、販売店としての業務も従来通り推進していく。

協和エクシオ、通信インフラ事業を手掛ける 北第百通信電気株式会社を子会社化

関連記事

  1. 四電工(1939)、関西設備の買収を発表

  2. 藤井産業(9906)、子会社で電設資材販売の弘電商事を吸収合併へ

  3. グッドスピード(7676)、自動車整備事業のホクトーモータースの買収を発表

  4. 株式会社FHTホールディングスが上海蓉勤健康管 理有限公司の株式の一部を取得し、子会社化(孫会社化)

  5. シャープ(6753)、台湾の震旦電信股份有限公司(Aurora Telecom社) を子会社化

  6. 繊維専門商社のヤギ(7460)、Dream boxを買収