三菱重工業(7011)、プライメタルズテクノロジーズが高周波誘導加熱システムの米ABP Induction Systemsを買収

三菱重工業(7011)とプライメタルズテクノロジーズは、高周波誘導加熱炉および電磁誘導加熱システムの世界メーカーである米国のABPインダクションシステムズ(以下、ABP)を、未公開株式投資会社のCMアクイジションズから買収することを発表した。 ABP社は自動車OEMメーカーや同部品メーカー、産業用機器メーカー、独立系鋳造メーカー、鉄鋼プラントメーカー、鉄鋼メーカーなどの優良顧客企業に誘導加熱製品と包括的なサービスを提供している。 三菱重工とプライメタルズテクノロジーズは、共同でABP社の株式を取得する形で、関係当局の承認次第となるが、2019年8月末の買収完了を予定している。 買収後、プライメタルズテクノロジーズとの緊密な連携のもとに事業活動を進めて行くと発表。

高周波誘導加熱システムの米ABP Induction Systems社 三菱重工とプライメタルズテクノロジーズが買収へ

関連記事

  1. 電通(4324)、インドのデータ分析会社ウガム社を買収

  2. リズム時計工業(7769)、アイ・ネクストジーイーを子会社化

  3. Zホールディングス(4689)、LINE(3938)が経営統合を発表

  4. 電通(4324)、英国広告制作会社リ・プロダクションを買収

  5. キヤノン(7751)、Quality Electrodynamics 社の持分取得(連結子会社化)を発表

  6. Kyashが凸版印刷、三菱UFJニコスとの業務提携契約の締結を発表